よくある質問

当製作所地図は Garmin社のマップソースを使い地図の閲覧とGPSへの転送を行いますが、Garmin社との関係は一切ありません。Garmin社より当製作所地図を含め、サードパーティー製の地図のサポートは受けられませんのでご注意ください。地図の転送などの問題は当製作所に直接お問い合わせください。

目次

GPS UNIT ID(ユニットID)の調べ方

Unit ID(10桁の数字)は以下の方法でお調べ頂けます。

  • Oregonシリーズ、Dakotaシリーズ、GPSMAP62シリーズ
     メインメニュー画面 > Setup > About
  • Coloradoシリーズ
     Shortcuts > Setup > System > Options > Software Version
  • GPSMAP60シリーズ、eTrexシリーズ
     メインメニュー画面 > Setup > System > Menuキー > Software Version > Unit ID
  • Edge 605、Edge 705
     メインメニュー画面 > Settings > System > About Edge
  • Edge 800
     メインメニュー画面 > スパナアイコン > About Edge
  • Nuviシリーズ
     メインメニュー画面 > スパナアイコン > Settings > System > About

アップグレード時の機種変更について

アップグレード時に、購入時とは別のGPS機器を登録し、ご利用いただくことは可能です。ただし、アップグレードですので、以前のライセンスは消滅します。
現在利用されているGPSでの地図利用におけるサポートはなくなります。また、その際は旧機器を譲渡される場合にも地図は消去してから譲渡していただくようご注意ください。

MapSourceを持っていない場合、利用することは可能ですか

可能です。以下、注意点があります。

当製作所地図は、ガーミン社のマップソースを利用して地図の閲覧とGPSへの転送を 行います。現在多くのカラータイプのガーミンのGPSモデルには、 Garmin MapSource Trip and Waypoint ManagerというCDが付属されており、同ソフトをインストールすることにより利用可能です。マップソースソフトをお持ちでない場合は、ガーミンサイトより無償で提供されているBaseCampソフトをインストールしてください。http://www8.garmin.com/support/mappingsw.jsp BaseCampにMapInstallというソフトが含まれますので、MapInstallで地図の転送が可能です。

販売している地図の種類が色々あってわかりません。どれを購入すれば良いですか

バージョン4
  • バージョン4については、基本的に道路地図のみの地図と、登山などの目的で利用するために道路地図に10m等高線を加えた二種類の地図があります。
  • バージョン4は、それぞれの地図に対し、メモリーカード版とダウンロード版があります。何れも地図の内容は同一です。
  • どの商品につきましてもパソコンの画面でもガーミンのBaseCampやMapSourceソフトより地図が閲覧できます。ダウンロード版の地図をGPSで表示させるには、同ソフトから地図の転送作業が必要です。
  • ダウンロード版は、ご購入時にロック解除のためのGPS固有番号(UNIT ID)をお知らせいただく必要があり、ロック解除コードに対応したGPS1台のみに使用が出来ます。GPS買い替えを含めGPS機種変更の際は新たに地図を購入していただく必要があります。
バージョン2
  • 4.0以下の旧製品で販売中のものは国土地理院の数値地図を元に作成したバージョン2.0日本詳細地図があります。
  • バージョン2.0ダウンロード版または、リテール版(契約販売店での取り扱い商品)の地図内容はバージョン2.0のCD版の地図と同じ内容です。ただし、地図にロックが掛かっていますので、ロック解除コードに対応したGPS1台のみに使用が出来ます。GPS買い替えを含めGPS機種変更の際は新たに地図を購入していただく必要があります。
  • バージョン2.0のメモリーカード版は地図が予めmicroSDメモリーカードにインストールされています。メモリーカードをサポートするGPS であればすぐにお使いいただけます。なお、PCでの地図の閲覧はメモリーカード版では出来ません。

日本語版のガーミンGPSで地図の使用は可能ですか

使用できます。US版、AP版と同様に使用することは可能です。もちろん地名等の表記は日本語版を使用した場合もローマ字のままです。GPS本体で地図の切り替えも出来ます。日本語版のGPSの場合は、ローマ字入力の地名検索がCitiesのカテゴリが削除されているNuviなどではできません。住所検索は日本語版内蔵の地図より、日本語で検索してください。また、日本語の日本詳細地図がプレインストールされているモデルの場合は、地図の設定>地図の情報より、日本語プレインストール地図を非表示(Disable、またはチェックを外す)にしてください。

ガーミンAstro(アストロ)GPSで地図の使用は可能ですか

使用できます。ただし、Astroの無線機能を使い、犬の首輪に付けるDC 30やDC 40で猟犬の位置を通信で特定すると、これらの機器から発する電波は日本の電波法に抵触します。不法電波は罰せられます。このような狩猟用発信器が、アマチュア無線局として免許になることはありません(リンクは総務省警告リーフレット)。Astroを利用される方は、狩猟用発信器は電池を抜き取り、電波を発信しないよう処置を行う必要があります。特にDC 30やDC 40が発信する周波数の帯域は消防用に割り当てられている周波数帯ですので、重要無線通信妨害となり5年以下の懲役または250万円以下の罰金に処せられることがあります。(電波法第108条の2)

オークションなどで販売されている地図について

オークションで地図のみを販売している場合、ご購入いただいても動作しない場合や、ライセンス違反の可能性があります。ご購入前に正規品か確認されたい場合は、販売者から直接弊社へご連絡いただくようお問い合わせください。販売者へお問い合わせ時に、map@uud.info をCCに加えてください。販売者から確認が取れましたら、回答メールは弊社より購入希望者に直接メールをお送りします。また、ご購入後、正規のライセンスが存在するか確認することは可能です。確認を希望される方は地図のシリアル、もしくは製品に付属していたロック解除キーとお使いのGPS UNIT IDをお調べいただき、map@uud.info までご連絡ください。万一、ライセンス違反が判明した場合には、その後の対処法をお知らせします。

カシミール3D(DAN杉本氏ソフトウェア)との併用で問題はありませんか

特に問題はありません。厳密に言えば、同ソフトウェアと当製作所地図とは直接的な関係はありません。それぞれ独立してGPSと連携することになります。GPSとの通信の機能に限っていえばカシミール3DはGPSのトラックログやウェイポイ ントをPC画面上で管理するソフトですので、管理しているログやポイントがGPS画面の地図上に表示されるという意味では併用可能ということになります。ただそれらの機能はGPSハードウェアの仕様ですので、当製作所地図ソフトとは特に関係はありません。なお、カシミール3Dでは当製作所地図を読み込むことは出来ません。

地図に載ってない道路を走っているとき、付近の道路にトラックログが飛んでしまいます

バージョン3.0、バージョン2.0(及びバージョン1.1)では、道に沿ってトラックをロックする機能を有効にしてあります。ハンディタイプのGPSであれば、Map Setupの初めのタブ、Lock On RoadをOFFにすれば、その機能を停止することが可能です。自転車や徒歩で使う場合には常時OFFにしたほうが良いかもしれません。

Map Setup - General

Map Setup 画面の General タブの「Lock On Road」を「Off」に切り替えます。

バージョン1.2、バージョン2.0を使っていますが、等高線がGPS本体で表示されません

「Japan RoadNavi 25000 and Topo v2」(バージョン2地図)の地図セットなどから地図を転送した場合発生する現象です。 等高線と道路地図が同時に表示されている地図のセットから地図の転送は行わないでください。必ず、道路地図のみが表示されている地図のセット(「Japan RoadNavi 25000 v2」)から地図の選択を行い、引き続き等高線のみが表示されている地図のセット(「Japan Topo 20m v2」)に切り替え必要な等高線の領域を選択したあと地図の転送を行ってください。

インストールしましたが地図が MapSource のプルダウンメニューに登録されません

お持ちのマップソースのバージョンが古いことが原因だと思われます。Garmin WorldMapなどをお使いの場合バージョンがかなり古い MapSource が付属されている場合があります。以下のGarminサイトのリンクより、最新の MapSource へのアップデータをダウンロードしてバージョンを上げてください。当製作所の地図は、作業前に一旦アンインストールし、アップデートと行った後、再度インストールしてください。正常に動作している場合のアップデートの場合アンインストールの必要はありません。

http://www.garmin.com/support/mappingsw.jsp/

インストール時に「コピー元のファイルが壊れています。」というエラーが発生します

初期不良の場合、インストールディスクの破損ですので、交換いたします。恐れ入りますが、不良ディスクを当製作所まで送り返してください。不良ディスク到着確認後、交換品をお送りいたします。

道路のルート検索はできますか

バージョン2 より、MapSourceのPC画面上、及びルート検索をサポートしているGPS機では簡易ルートを自動作成することが出来るようになりました。簡易オートルートとは一方通行や速度規制などの、交通規制情報がはいってないものです。

バージョン3 では、中央分離帯などで上下線が分離している大型道路の一方通行情報がありますので、ランプの乗り降りなども不具合なくナビが出来るようになっています。

アップグレード時に現在利用しているGPSと違う機器を登録できますか

アップグレード時に、購入時とは別のGPS機器を登録することは、可能です。 ただし、アップグレードですので、以前のライセンスは消滅します。 現在利用されているGPSでの地図利用におけるサポートはなくなります。 また、その際は旧機器を譲渡される場合にも地図は消去してから譲渡していた だくようご注意ください。

アップグレードのポリシーを教えてください

マイナーバージョンの変更(v1.1からv1.2など少数点以下のバージョン変更)は値段を低めに抑えて提供します(販売価格の1割程度)。メジャーバージョンが変更した場合にも割引価格で旧バージョンのライセンス保持者に提供していく予定です。バージョンアップの告知は当ホームページで行います。マイナーバージョンの変更は細かな修正・改良などで、特に地図作成にコストの負担がなかった場合です。メジャーバージョンの変更の基準は大幅な機能の変更、または地図作成に大幅なコスト負担が生じた場合に行います。

お問い合わせ | オンラインストア | 特定商取引法に基づく表記